サービス一覧

結婚式に呼ばれた際、ご祝儀を用意する必要があります。
一般的には、披露宴会場の受付の方に渡しますが、身内やご近所にお住まいの方は、事前に、直接自宅へ持って行かれるかたもいらっしゃいます。
夫婦や家族で結婚式に出席する場合など、出席する人数にもよりますが、基本的に、友人や知人の場合は3万円、親しい近親者などの場合は、5万円から10万円ほどの金額を用意する必要があります。
ご祝儀は、割り切れない数の金額を渡すことが礼儀とされてきました。
そのため、2万円や4万円など、偶数の割り切れる金額は用意しない方が良いとされてきました。
しかし、最近は、2という数字は、ペアや夫婦という意味にとらえることもあり、2万円にする方も増えてきています。
ご祝儀袋の外袋には、筆や筆ペンでフルネームで名前を書きます。
サインペンなどは失礼にあたるため、使用しない方がよいでしょう。
このように、失礼にあたらないようにご祝儀を用意する必要があります。