サービス一覧

結婚式などに招待された際に包むご祝儀のマナーについて、今回はご紹介したいと思います。
まず、結婚式の際のご祝儀に包むお札は基本的にはピン札が望ましいです。
新たな門出にしようするお金なので新しいお札と縁起を担ぐ意味合いがあります。
また、どうように縁起を担ぐ意味合いでいうと、お札の枚数は割り切れる枚数をいれてはいけません。
例えば、2万円を包むとしても1万円札を2枚包むのではなく1万円札を1枚、5千円札を2枚というように3枚、必ず奇数で包むようにすることが望ましいです。
その理由としては、割り切れる枚数のお札を入れてしまうと、分かれ、つまり別れを連想させてしまい縁起が悪いとされているからです。
細かいことですが、大人のマナーとして知っていると便利でしょう。